神さまは幻を通してアブラムにおっしゃいました。

 「アブラムよ 恐れるな。
  わたしはあなたの盾。
  あなたは多くの祝福をうけます」

アブラムは言いました。
 「わたしには、子供がいませんから、
  わたしの家に生れたしもべが、跡継ぎとなるんですね」

 「いやいや、そうではない。
  あなたの実子です。さあ、あの満天の星をごらん、
  あなたの子孫はあのようになるのだ」

神様の声はなおも続きます。

 「この地カナンも、あなたに与えて、これを継がせようと思っている」

アブラムは、とほうもないお言葉に恐ろしくなりました。
この信じがたい事柄を、どのように受け入れたらよいのか、一瞬迷いました。
 「わ、わたしには信じられません。どうか印をください」

そこで神さまはアブラムに
  「三歳になる雌牛と、雌やぎと、雄羊と、山ばとと、家ばとのひな」
とを準備させました。

アブラムは、神さまに言われた品々の番をしていると、激しい睡魔が襲って来ました。
それはとてつもなく大きな恐ろしい暗やみでした。
その暗闇の中から神さまはおしゃいました。

    「しっかりと覚えておくのだ。
     あなたの子孫はエジプトの地で、
     四百年間仕えるだろう。
     しかし、わたしは彼らの財産を増やして後、
     あなたの子孫の四代目がこの地に帰って来るようにする」

それから神さまは、用意した品々の上に驚くべき炎を走らせて、
その約束の確かなことを証明し、アブラムと契約を結びました。


・・・
音声、ありま~す!!

http://www.youtube.com/watch?v=mBlS0AJRp30



(*^_^*)・********

神さまが与えようとされた地は
ハムの子孫が散らばったところじゃぁなかったっけ・・
ノアの呪いか・・(~_~;) 

          7月11日登録記事・(あなたの言葉・・・) 



(あまり難しく考えないで、とにかく自分流の言葉で聖書を読んでいます。

 おかしいな?と思ったら、聖書で確かめてくださいね。

 色々のところで、たまごの想像力で物語を構成したりしますので・・)


      人の徳を高める言葉を・・

神さまは幻を通してアブラムにおっしゃいました。

 「アブラムよ 恐れるな。
  わたしはあなたの盾。
  あなたは多くの祝福をうけます」

アブラムは言いました。
 「わたしには、子供がいませんから、
  わたしの家に生れたしもべが、跡継ぎとなるんですね」

 「いやいや、そうではない。
  あなたの実子です。さあ、あの満天の星をごらん、
  あなたの子孫はあのようになるのだ」

神様の声はなおも続きます。

 「この地カナンも、あなたに与えて、これを継がせようと思っている」

アブラムは、とほうもないお言葉に恐ろしくなりました。
この信じがたい事柄を、どのように受け入れたらよいのか、一瞬迷いました。
 「わ、わたしには信じられません。どうか印をください」

そこで神さまはアブラムに
  「三歳になる雌牛と、雌やぎと、雄羊と、山ばとと、家ばとのひな」
とを準備させました。

アブラムは、神さまに言われた品々の番をしていると、激しい睡魔が襲って来ました。
それはとてつもなく大きな恐ろしい暗やみでした。
その暗闇の中から神さまはおしゃいました。

    「しっかりと覚えておくのだ。
     あなたの子孫はエジプトの地で、
     四百年間仕えるだろう。
     しかし、わたしは彼らの財産を増やして後、
     あなたの子孫の四代目がこの地に帰って来るようにする」

それから神さまは、用意した品々の上に驚くべき炎を走らせて、
その約束の確かなことを証明し、アブラムと契約を結びました。




(*^_^*)・********

神さまが与えようとされた地は
ハムの子孫が散らばったところじゃぁなかったっけ・・
ノアの呪いか・・(~_~;) 

          7月11日登録記事・(あなたの言葉・・・) 



(あまり難しく考えないで、とにかく自分流の言葉で聖書を読んでいます。

 おかしいな?と思ったら、聖書で確かめてくださいね。

 色々のところで、たまごの想像力で物語を構成したりしますので・・)


      人の徳を高める言葉を・・