皆さんAmazonで買い物していますか?

 

ポニーがフラフープを買ってもらうAmazonのCMが流れていますが

第2段目はこれみよがし感が出てしまって純粋な気持ちで見れない

そんなひねくれ陸マイラーcomastyですこんばんは。

 

 先日は「Amazonほしい物リスト」の作成からブログ貼り付けまでと

www.milejournal.com

 

プレゼントを送ってもらう際に

個人情報を出来るだけ非公開にする方法を紹介しました。

www.milejournal.com

 

今回は「送る側」にスポットを当てて

個人情報を隠して送る方法を紹介します。

 

なお2パターンありますのでお好きな方で。

 

 

  • 用意するもの
  • 手順
    • ほしい物リストの確認
    • 送り先住所の確認
    • 配送方法の選択
    • 支払い方法はAmazonギフト券
  • 一部公開(伊達直人式)
    • ギフトラッピングとメッセージ
    • 請求先住所の入力
  • 最後に
  • 関連記事
  • 後日談(実際に頂きました!)

 

完全匿名(ペンデルトン式)

 f:id:milejournal:20170406211818j:plain

まずはこちらハウス世界名作劇場よろしく

私のあしながおじさん」式です。

一切の個人情報を提供しないで送る方法です。

 

なお最終的に結婚は出来ません。

 

用意するもの

1. Amazonギフト券 : チャージタイプがオススメ

 

・15 ~ 50万円までを1円単位で指定可能

・クレジットカード・コンビニ・ATM

 ネットバンキング・電子マネーで支払い可能

・利用できる有効期限は1年間

 

検索ボックスで「ギフト券 チャージタイプ」と入力して下さい。

f:id:milejournal:20170406202538p:plain

 

 

とりあえず3,000円入金してみます。

 

f:id:milejournal:20170406210651p:plain

 

1〜2分でチャージされましたが場合によっては

時間がかかることもあるそうです。

f:id:milejournal:20170406210842p:plain

 

2.プレゼントをしてあげる優しい心 

何よりも大事です。

 

 

・・以上

 

手順

ほしい物リストの確認

まずはプレゼントをあげたい人のリストを拝見します。

ここでショッピングカートを入れるをクリックすると

 

f:id:milejournal:20170406204612p:plain

 

 

追加されました。

f:id:milejournal:20170406204648p:plain

ここで注意して欲しいのが

ギフトの設定」にチェックを入れないで下さい。

(入れた場合の方法は後述します)

 

確認出来たらレジに進みます。

 

送り先住所の確認

相手方の名前を確認して「この住所を使う」をクリック

間違えて自分自身に送らないように(´・ω・`)

 

 

f:id:milejournal:20170406204853p:plain

 

配送方法の選択

配送方法の選択画面になりますが

相手のライフスタイルがわからければ適当でよいかと思います。

次に進むと支払い方法の選択になります。

 

f:id:milejournal:20170406205624p:plain

 

支払い画面に切り替わりますがここがポイントです。

 

支払い方法はAmazonギフト券

 

f:id:milejournal:20170406205332p:plain

 

代金引換は利用出来ません・・当たり前か(*´ω`*)

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いも出来ません。

 

クレジットカード払い又は

Amazonポイント・Amazonギフト券のみ支払いが可能です。

 

ここでクレジットカード払いを選択してしまうと

カード名義人の氏名・住所等が納品書に記載され

プレゼントの受取人に知られてしまうリスクがおきます。

 

Amazonギフト券の使用にチェックが入っていることを

確認して次に進んで下さい。

(3,000円分のポイントは先程入金したものです)

 

 

最後に注文確定画面です。

f:id:milejournal:20170406211342p:plain

自分で自分にプレゼントを送るのも悲しいので

ここで止めておきますが「注文を確定する」を

クリックすると注文完了となります。

 

 

 

一部公開(伊達直人式)

 

f:id:milejournal:20170406212832p:plain

 

お前は虎だ!虎になるんだ!

そう、このフレーズは内容になんの関係もないんだ!

 

完全匿名じゃ寂しい・・。

少しでも「私が送ったんだよ(*´ω`*)」と

アピールする場合はこちらの方法でお試しください。

 

 

話は少し戻りますますが

一部公開したい場合はショッピングカートに商品を入れた後

「ギフトの設定」にチェックを付けて下さい。

 

f:id:milejournal:20170406213214p:plain

 

 

送り先住所の確認は先程と同じです。

間違えないように選択しましょう。

 

ギフトラッピングとメッセージ

 

ギフト設定した場合、次にこの画面が表示されます。

 

f:id:milejournal:20170406214342p:plain

 

ポイントは左上の「納品書に金額を設定しない」に

チェックが入っているかどうか

 

そしてギフトメッセージですがデフォルトの場合

アカウント登録名=本名が自動で入力されてますので気をつけましょう。

画面のXXXXXXの部分です。

 

ギフトオプションはラッピング(308円)か

のし(154円)を選ぶことが出来ます。

 

入力しましたら右上の「ギフト設定の保存」をクリック

 

次は配送方法 → 支払い方法と進みますが

こちらもペンデルトン式と手順は同じなので割愛します。

 

 

請求先住所の入力

 

こちらもギフトの設定をした場合のみ表示されます。

 

f:id:milejournal:20170406215104p:plain

 

このとき選んだ請求先住所は送り状や明細に印字されてしまうので

迂闊に普段使用しているアカウントを選んでしまうと

完全に身バレしてしまいます。

 

 

なので同ページ下部にあるこちらを使って

贈答用のアカウントを作成します。

 

f:id:milejournal:20170406215435p:plain

 

こちらですが

氏名・郵便番号・都道府県・住所1までは送り状や明細に記載されます。

電話番号は入力を求められますが記載はされません。

 

 

ある程度適当に入力しても届くようなので

さじ加減でほぼ完全に身バレを防げますが

紛失や未着等のトラブルに合う可能性も出てきますので

どうぞ自己責任をご了承の上、お試し下さい。

 

 

最後に

 

これにてAmazonほしい物リスト3部作は終了です。

皆さんも極力身バレを防ぎつつプレゼントライフを満喫して下さい。

 

そして入金した3,000円は早速誰かに

ペイフォワード」しようと思います\(^o^)/

 

 

関連記事

 

Amazonほしい物リスト上巻

www.milejournal.com

 

Amazonほしい物リスト中巻

www.milejournal.com

 

 そしておまけのペイフォワード

www.milejournal.com

 

 

 

amzn.asia

 

 

後日談(実際に頂きました!)

 

 

www.milejournal.com

www.milejournal.com